一人ひとりの夢を、かたちに。

1993年  函館白百合学園幼稚園卒園
三年保育を受ける。のちに、幼稚園の園歌『たのしい幼稚園』を作詞
 
1999年  函館市立東山小学校卒業
 
1999年  函館白百合学園中学校入学
放送部に入部(中3:NHK杯中学放送コンテスト入賞。)
生徒会長を務める
2002年  函館白百合学園高等学校入学
中高一貫教育で学び、引き続き放送部員として活動
(高1~高3:NHK杯全国高校放送コンテストに出場し、入賞)
NHK函館放送局開局70周年~ふるさとマイソング~歌詞募集に応募
→『ふるさとのにおい』を作詞し、CD化される
小樽雪あかりの路~歌詞募集に応募→『プレシャス小樽』を作詞し、合唱曲として歌われた
2005年  慶應義塾大学総合政策学部入学
手話サークルMiMiで4年間、手話を学ぶ
毎年、三田祭にて「手話コーラス・劇」を発表
(大学2:運営学年時、「太陽の下byレミオロメン」の曲を手話表現で制作)
 
大学時代に最も力を入れたこと
日本における未来の人口研究、少子高齢化における高齢者グループリビング研究、地域コミュニティ研究を重点とした大江研究会に所属
フィールドワークとして、横浜、米沢、釧路を訪問・滞在し、後期高齢者が暮らすグループホーム・後期高齢者が集うコミュニティとしての地域カフェ・廃校利用リサイクルより行われていた地域活性化などを研究
今後の地域における共助でありながら公助であり自助となりうる新時代スタイルの研究の一端を担った
〔趣   味〕  2時間ドラマを見ること 料理 編み物 一人カラオケ 温泉巡り 
〔ペ ッ ト〕  ぴぃちゃん(うさぎ)/ふぅちゃん、かずぅ(ハムスター)
〔好きな歌〕  Dream / 「こんなにも」「希望の光〜奇跡を信じて〜」
       
〔わたしの秘密〕
結婚生活は色々と大変です。
​生活リズムの違いや洗濯物の干し方、ちょっとしたすれ違いにより
疲れが蓄積します。しかしながら、これは育ってきた環境が違うため
お互いに乗り越えなければなりません。力を合わせて助け合いながら日々を過ごしています。
 
一人暮らしが13年間と長かった私。夫は、結婚するまで家族と同居だったため、ちょっとした生活価値観のすれ違いによる小さなトラブルが続発の中で、第一子を授かりました。つわりは3回でした。妊娠中一番辛かったことは、妊娠性湿疹がひどく自分の肌の色が見えなくなるほど全身に発疹ができ、連日連夜かゆみとの戦いでした。初めての妊娠は、不安なことも多かったけれど、母子手帳がいつも私を励ましてくれました。
​ほんの小さな母子手帳ですが、常に私に頑張る勇気を与えてくれました。
北出みか
人は誰でも心に花を持っています
・今、満開に咲いている人
・まだ、蕾のあなた
・今にも枯れそうに弱っている花々
・そして、まだ、蕾さえ見えない幼い花たち
 
みなさんの心の花を咲かせたい
みなさんの心の花を元気にしたい
この思いが私が政治を目指す原点です。
(中富良野町 ひつじの丘にて)
(自宅にて)
2008年   衆議院議員小沢一郎事務所入所
大学3年の3月から、学業と仕事の両立を始める
2009年   慶應義塾大学総合政策学部卒業
 
2016年   生活の党と山本太郎となかまたち 参議院比例区第1総支部長となる
小沢一郎 北出みか

自己紹介

HOME

政策

サポーター’s

​リンク

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

​問い合わせ

mail:mika.kitade.dosanko@gmail.com

TOP

北出みかWebsite