女性視点で社会環境づくり

 子育て 

子どもを産むことを迷わない、あきらめない、社会づくり

子どもを産み、育てやすい環境づくり

●既婚未婚を問わず、積極的に出産できる社会環境づくり

●シングルマザー、ファザーが子育てしやすい社会システムづくり
●保育士育成と待遇の早急整備

●​保育園入園希望者の常時受け入れ体制で、待機なしの安心制度の確立

→新年度(4月)入園に固執せず、時期を問わず保護者が入園を希望する通年、入園できる体制とする
●複数世代同居家族の支援策に取り組む

 教 育 

多様な教育ニーズに応えられる環境づくり

●基礎教育格差のない学習支援体制を整備

●いじめ防止対策の徹底。早期発見・解決の体制強化

→具体策として

・小学1年時より教育科目に「おもいやり」時間を新設

・心の教育とともに、一緒に学ぶ友への尊重心を育み、相互理解を養う

・自他の特殊性、特徴を認め合い、譲り合う、許し合う心を育てる
●経済的要因により進学断念に追い込まれる学生を救済

→高校授業料無償化は堅持し、私立高校や大学の授業料の減額に取り組む。

・給付型奨学金制度の拡充

・貸与型奨学金の無利子、償還の減免拡大に取り組む
●教育の基本は教職員との出会いから始まる

・各教育現場において教職員が熱意ある教育に集中出来る環境体制づくり

→教職員の待遇改善と学習現場の環境向上の支援に取り組む

 働き方 

出産、育児、介護など家庭環境に順応した労働環境づくり

働く女性にメリットがある社会環境づくり

●働く女性が子育てしやすい新しい社会システム環境の構築

→子育て女性労働基本法(仮)の特別法の設置

・子育てをしながら働く女性にメリットがある社会づくり

・短縮労働勤務、同一賃金制度の設立

→既存の保育園サービスを打破し、新しい保育園サービス

・保育園サービスの拡充:24時間体制

就学期未満の保育所や学童保育サービスを充実させることにより、働く親が安心して子どもを預けられる環境を早急に整備

●介護同居家族が安心して生活できる環境づくり

→介護離職者の軽減対策・介護休暇制度の周知

・地域包括支援センターの活用、介護予防医療の充実、新規介護施設建設の規制緩和

安心のセーフティネットの強化

 医 療 

​ 年 金 

​ 介 護 

医療サービスの地域格差がなく、負担減の環境づくり

医師が都市部に集中せず、どこに住んでいてもどの科目でも十分な医療が受けられる地域医療基本法の制定を目指す

●患者の移動負担軽減として、薬の処方は、医薬分業を保ちつつ院内で受け取れるシステム環境づくりを支援。また、疾病者自らが薬の受け取りが困難な場合、配偶者や子どもなどの家族に委任できる法システムの整備

​●入院制度の見直し

将来の不安を取り除く、わかりやすい年金制度の確立

●最低保障年金のあり方を含め、ベーシックインカム制度の導入を進める

長寿社会に適応できる環境づくり

●介護予防医療の拡大

●施設入居希望者がスムーズかつ長期に入居できる制度改革

●介護士資格取得環境を整えるとともに、従事者の待遇改善を行う

●介護施設新設に関する規制緩和

​●在宅介護サポート支援の拡大

●地域医療と介護施設一体化の介護支援サービス提供可能な法整備

・・・

養殖漁業拡大への取り組み重点支援

近年日本の漁業は衰退化の一途を辿り、日本近海に置ける様々な諸問題に対し早急に対策を取り、漁業者に対する安定創業の確保となるべく諸問題解決に全力で取り組む


自己紹介

HOME

政策

サポーター’s

​リンク

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

​問い合わせ

mail:mika.kitade.dosanko@gmail.com

TOP

北出みかWebsite